糖尿病の食事は栄養士の作る宅配弁当がとても楽だ

1日の総摂取エネルギーに関して1600kcalがふさわしいとされているひとについては、1日20単位の食品と置き換えることができますが、バランスのよい栄養素を摂取することが大事になってきます。みなさんがよく知っている外食メニューも、「食品交換表」には記載されています。カロリーや栄養素を参考にしておくとよいでしょう。食事療法だけでなく薬物療法も行っている場合、どのタイミングで食事をすればよいのか掌握しておかないと、条件次第では低血糖を誘発する恐れがあるので留意してください。日々の献立創りに変化を取り入れたり、上手な外食の仕方を覚えて、食事療法を豊かにしてください。日本人の5人に1人は罹ると言われている身近な病気『糖尿病』の予備軍について「まだ予備軍だから、今までどおりの食生活で大丈夫、スポーツもなかなかできる時間がない」と思っている人も多いでしょう。正式に糖尿病と診断されるまでにはほとんど自覚症状がないため、前もって生活を変えるということは難しいことです。糖尿病予備軍から次第に境界型へと症状が移行すると、様々な体調の変化が顕れてきます。特に、血糖値を下げる際に重要な役割をするホルモン、インスリンの分泌量の変化は、糖尿病と診断される前の段階からあります。2型糖尿病や肥満のリスクを避けるためには体内時計を整えておく必要があります。普段わたし立ちが行っている睡眠・糖代謝・脂質代謝、また体温・血圧など、全ての生理機能には日内リズムがあって、いわゆる「体内時計」によってコントロールされています。「体内時計」と日々の生活スタイルは、密に関係します。「体内時計を考えた栄養学」が「時間栄養学」とよばれています。これまでの栄養学でいわれていた「何をどのくらい食べるか」に、「食べるタイミング」といった体内時計の特性を付け足し、食事のリズムと機能性との関係について研究する新しい分野です。もし糖尿病になってしまったら、好きなものを食べられないと考える患者さんがほとんどかもしれません。しかし、糖尿病を患ったからといって、食べられる食品はたくさんあります。普段の食事とは異なるメニューが「食事療法」というワケではなく、食べ物の栄養バランス(食事だけで必要な栄養素を摂れないようなら、サプリメントなどを利用するのも一つの手段です)と総摂取エネルギーを照らし合わせながら実践することが重要になります。こうした食事療法の目的は、糖尿病患者さんだから守らないといけないものではなく、健康なひともふくめみんなが考えないといけないことなのです。人は加齢と一緒に筋肉でのインスリンによる糖取り込みが減少します。そのため、血糖値が上昇しやすくなります。食事の後は一段と、ブドウ糖が体内へとすぐに吸収されるため血糖値が上昇します。血糖値上昇を防ぐ手段が「ベジタブルファースト」です。食事のとき、先に野菜から食べる食事法です。食物繊維が多量にふくまれたゴボウやキャベツなどの野菜は、他の食べ物の消化吸収を緩やかにする作用をもたらします。ご飯や麺類といった炭水化物にふくまれる糖質の吸収もゆっくりとなるため、ブドウ糖が体内に吸収されるのを軽減します。年々増加する糖尿病は、上昇した血糖値を下げるインスリンとよばれるホルモンがバランスを崩し、血糖値がなかなか下がらなくなる病気です。糖尿病を治療するにあたって、生涯をかけた目標は体重・血圧・血糖・血清脂質の数値を正常な状態に近づけることで、その他の病症を合併する可能性を避けることができ、自由にからだを動かし活発な日常生活は持ちろんのこと、人生をたのしみながら送れるようにする事です。さまざまな治療法のうち、適切な食事療法を介して、糖尿病の合併症や動脈硬化症への移行を予防することにもなります。糖尿病を大別すると、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病となります。その内、日々の食生活や生活習慣の影響は大きく患者数の最も多いのが、「2型糖尿病」です。初めは血糖値が高いこと自体に自覚症状を感じないことが多いですが、そのことが悪化の原因となってしまい多くの合併症の引き金になります。2型糖尿病の大きな原因は誤った食生活に由来するため、食生活の改善なくして治療はおこなえません。体重や血糖をコントロールし糖尿病性の合併症を予防、または悪化を阻止するのが食事療法の目的です。「緩やかな糖質制限食」は、1食につき摂取する糖質が40gまでとされているのです。一日3食のバランスを考えながら、ご飯の量を少なくすることが大事です。若年層が好む「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」は最も避けなければなりません。「カツ丼とざるそばセット」のようなものも同様です。つまり、糖質ばかりのものを食べるのはよくないということです。糖質制限の見解から種類豊富な幕の内弁当とご飯の量を半分にすることを、すすめています。「緩やかな糖質制限食」では、あまりカロリーを気にしないで、野菜・お魚・お肉といった食品もたくさん摂りましょう。多種多彩な栄養素を適量摂ることが、糖尿病の方にとっては理想的な食事です。それぞれに適したエネルギー量があり、その範囲内でバランスのよい食事を摂取するために「糖尿病食事療法のための食品交換表」は、とても参考になります。食品交換表というのは私立ちが普段摂取している食品を、多くふくまれている栄養素によって、6つの食品グループと表で示し調味料とは分けて、1単位80kcalに合わせた食品の重量が記載してあります。食品交換表を持とに普段の食事を意識すると、日々の献立づくりの幅が広がります。一日3回の食事の量は、毎食ごとなるべく同じくらいがよいのですが、夕食の分量に多く偏ってしまいます。時間を割いて食事をゆっくり摂るために、20分は必要です。そうした食習慣で、血糖値が上昇するのを抑えたり、満腹中枢が満たされたりするからです。シゴトで時間が取れなくても、食事を5分ほどですませるのは避けましょう。食物繊維は血糖値を下げる効果がありますので、海藻類やきのこ類を多く摂るようにしてください。ポテトやコーンには多くの糖質がふくまれているので気を配ってください。引用:糖尿病 宅配弁当 ランキング